法要の意味!100か日法要や初七日・四十九日と浄土真宗での意味?

スポンサーリンク

法要 意味

法要意味!100か日法要初七日・四十九日浄土真宗での意味?

初七日や3回忌など、人が亡くなった際の法要は様々ありますよね。

 

法要とは、「通夜や葬式の後に行われる仏教の行事のこと」をいい、亡くなった方(故人)の冥福を祈り、供養する意味があります。

 

法要は、辞書には法事と同様の意味で載っていることが多いことを知っていますか?

しかし、意味は厳密には少し違い、法事は法要と会食の両方をセットにしたものを指しているのです。

 

それでは、それぞれの法要はどのようなことをして、どういう意味があるのかを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

「初七日」「四十九日」「100か日」たくさんある法要の意味や読み方はなに?

「初七日」「四十九日」「100か日」という法要の名前はよく目にする言葉です。

 

それぞれの読み方は、

初七日…しょなのか・しょなぬか
四十九日…しじゅうくにち
100か日…ひゃっかにち

と読みます。

 

それでは、「初七日」「四十九日」「100か日」の法要の意味をさらに掘り下げていきましょう。

 

悲しみが深い初七日法要…故人を想うその意味は?

初七日は命日も含めて、7日目に行う法要です。

 

自宅や寺院にて、僧侶が読経し、参列者が焼香を行います。

その後、「精進落とし」と呼ばれる会食が設けられることもありますね。

ちなみに、精進落としの読み方は、「しょうじんおとし」と読みます。

 

また、初七日は、故人が三途の川に着くという意味合いがある日です。

三途の川には激流と急流・緩流の3種類があり、残された家族や親戚・知人は、故人が緩流を渡れるように祈りをあげるという意味もあります。

 

最近では、遠い場所から親戚や知人が参列している際は、再度参列が大変なため、命日から7日後ではなく葬儀後に行うこともあるのです。

 

四十九日法要は最も重要!?意味ある色々な行事があり!

四十九日は命日も含めて、49日目に実施される法要です。

 

故人は、7日ごとに極楽浄土へと行けるかを生前に犯した罪を元に裁かれ、四十九日目にその結果が決まるという意味があります。

 

その期間は満中陰といわれ、来世の行き先が決まる重要な意味もあるのです。

満中陰は「まんちゅういん」と読みます。

 

本来は、7日ごとに法要が行われていました。

 

しかし、現在では7日ごとの法要が簡略化され、「初七日」や「四十九日」のみ行う場合もあるのです。

 

もし、四十九日が平日で参列者が少ないと予想されるときは、四十九日より前の土日に法要をします。

基本的に、四十九日より後の土日に、四十九日法要は行いません。

 

また、この時期までは忌中となります。

あなたも、結婚式などのお祝い席は避けたことがあるのではないでしょうか?

 

そして、四十九日には、僧侶による読経や参列者による焼香の他にも様々なことが行われます。

納骨…一般的には四十九日に実施されます。3回忌までに行われるのが基本です。
開眼法要…白木位牌から本位牌へ魂を移すという意味があります。
お斎…読み方は「おとき」で、法要が終わった後の会食のことです。

 

いくつもの行事があることから、四十九日法要は最も重要な意味合いがあるとわかりますね。

 

100か日法要は普段の生活へ戻ることに意味がある…

100か日は、命日を含め100日目の法要であり卒哭忌ともいわれます。

卒哭忌の読み方は「そつこくき」といいます。

 

四十九日の裁判で、故人が望まれない世界へ行ったとき、100か日に再審が行われるという意味合いがあるのです。

そして、家族や親族の供養なしに、救われることはありません。

 

また、儒教では、どれほどの悲しみがあっても3か月で悲しみから脱し、日常に戻ると意味付けられています。

 

仏教では儒教と考え方が似ている部分もあるため、100か日では、遺族が悲しみや涙に区切りをつけ日常生活に戻る意味合いがあるとされました。

現在では、一周忌を行うため、100か日法要は省略されるようになっています。

実際に、一周忌法要だけを行った人が多いのではないでしょうか?

 

100か日法要は遺族のみで、家に集まり手を合わせる簡素なケースもあれば、100か日のタイミングで納骨をし、僧侶が読経をするケースもあります。

スポンサーリンク

「○○回忌法要」何度もあるけれど…どのような意味がある?

回忌とは、故人が亡くなった月日と同じ月日である祥月命日に行う法要をいいます。

祥月命日の読み方は、「しょうつきめいにち」であり、年忌とも呼ばれますね。

 

また、一周忌までは喪中となり、喪に服す必要があるのです。

 

回忌法要をする意味は遺族を守る優しい理由があるから…

回忌は一周忌から始まり、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、と続き、三十三回忌で故人は修業の締めくくりがされ、菩薩の道に入るともいわれます。

ずいぶんと長い期間ですよね。

 

そして、その長い期間の後には、ご先祖様として守り神となるという意味もあるのです。

 

果てしない「○○回忌法要」いつまで行う意味がある?

回忌法要は、三十三回忌や五十回忌まで行うとされています。

回忌法要を打ち止めにすることは「弔い上げ」といいますよね。

 

三十三回忌や五十回忌で弔い上げをする意味は、33年や50年を超えると、故人の家族や親戚も亡くなっている場合があるからです。

 

けれども、三十三回忌でも、とても長い時間ですよね。

 

その間に、地元から離れて暮らしている人も多くいます。

そのため、もっと早い一周忌や三周忌までに弔い上げをする人も多いのです。

 

逆に、偉人や有名人であれば、100回忌を行うこともあります。

 

回忌法要は心をつなぐ意味がある!?

家族や親族によって、自宅や寺院にて行われることが多いのが回忌法要です。

僧侶によって読経がされ、家族や親族は焼香をして故人を弔います。

また、法要の後で故人のことを偲びながら、近況を語る会食もありますね。

 

故人のために、残された人が絆を確認しあうという意味もある法要なのです。

スポンサーリンク

法要はまだまだある?3種類の意味や読み方を紹介!

初七日や回忌など故人の忌日に行われるときは追善法要と呼ばれます。

 

けれども、追善法要以外にも、様々な意味を持っているケースがあります。

それらの法要を見ていきましょう。

 

施餓鬼法要は縁がない人も助ける心の広い意味がある!?

餓鬼は生前の罪によって亡者の世界に落とされた魂や無縁仏を意味します。

 

施餓鬼法要(せがきほうよう)は、お盆の時期に行われ、餓鬼を供養し、徳を積むという意味があるのです。

 

そのため、特定の人に向けた法要でなく、縁のありなしに関係もありません

落慶法要をする意味はお寺へのお祝い!?

落慶法要(らっけいほうよう)とは、寺院の建物を新築、修復した際に完成を祝うという意味のある法要です。

 

本山から僧侶が集まり、檀家も交えて祝賀法要が行われています。

 

また、神社では同じ意味でも、「落慶式」という名前に変わるんですよ。

 

開眼法要は魂を入れるとても大事な意味が!

開眼法要は開眼供養ともいわれ、入魂式魂入れ仏壇開きなど色々な別名があります。

 

四十九日法要の説明でも、同じ言葉が登場しましたよね。

 

もう少し詳しく説明すると、白木の位牌から、没年月日・享年・戒名・俗名が彫られている本位牌へと変わります。

その他にも、新たに仏壇や位牌を購入したり、お墓を建てたりした際も、開眼法要と呼ばれます。

開眼法要を行うことで、魂が宿るという意味があるのです。

スポンサーリンク

浄土真宗は変わり者?他の法要とは意味が大違い

浄土真宗は、親鸞が始めた浄土宗の一派です。

 

阿弥陀仏により、すべての人々の救済が唱えられました。

とても寛大な宗派のようですね。

 

そして、信心を持って往生すれば、成仏できるという「他力本願」や「悪人正機」の考え方を持つ宗派です。

 

浄土真宗の法要は、他の仏教とは違う意味を持つこともあります。

 

浄土真宗とその他の仏教は、どのような部分で意味や考え方が変わってくるのでしょうか?

 

浄土真宗の法要は初七日も四十九日も意味が違うワケ!

浄土真宗は、亡くなったらすぐに極楽浄土に着くと考えられています。

そのため、他の宗派のように故人の冥福を祈るという意味の初七日法要ではありません。

 

浄土真宗における初七日や四十九日にある法要は、故人偲び仏様感謝する意味合いが強いのです。

 

浄土真宗の入仏式や御移徒!読み方すらわからない謎の法要の意味は?

浄土真宗では、他の宗派の開眼法要と同じ意味でも「呼び方」が変わってきます。

 

浄土真宗では入仏式御移徒という名前なのです。

御移徒は「おわたまし」との読みます。

 

入仏式は、仏様にお仏壇等へ入ってもらうという意味のある法要です。

また、御移徒の法要では、仏様を他の場所へ移ってもらう意味があります。

 

法要は、浄土真宗でも他の宗派でも、故人の冥福を祈ることに意味があるとわかりましたね。

次に、あなたが法要に参列する際は、故人の思い出を遺族や知人と共有しあってみてはいかがでしょうか?

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました